お知らせ

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期・中止に関する要請を行いました

2021/07/21 更新

 7月21日(水)、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期・中止に関する要請」を小池知事宛に行いました。

  要請を行ったのは、立憲民主党東京都連政調会長 山花郁夫(衆議院)、中村ひろし(三鷹市)、西沢けいた(中野区)、宮瀬英治(板橋区)、阿部祐美子(品川区:新人)、須山たかし(八王子市:新人)、中田たかし(渋谷区:新人)、関口健太郎(杉並区:新人)です。

 山花都連政調会長が要望の主旨を説明し、「延期・中止の都民の声は決して少なくない」「第5派と言われる急激な感染拡大の中、オリンピックの特別扱いは理解を得られない」旨、強く要請しました。

 対応した多羅尾副知事からは「感染状況が厳しいことは認識」「様々な意見がある。理解を得られる大会にしたい」旨のコメントがありました。

3c880d91f7e4d7424d3433880ce691d6


PAGE
TOP